OLIVER

伊勢谷友介「自分が生きる意味を知ること」

累計1億部、シリーズ通巻100巻を超える『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社)。その実写映画化作品であり、世の男性ファンの注目を集める大作『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』が8月4日から公開される。最強の男、空条承太郎役で出演する伊勢谷友介に“ジョジョ”への想いと仕事へのこだわりについて語ってもらった。
  • 『ダイヤモンドは砕けない』がスタートした第29巻。表紙はPart4主人公の東方仗助(右)と空条承太郎(左)(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

    『ダイヤモンドは砕けない』がスタートした第29巻。表紙はPart4主人公の東方仗助(右)と空条承太郎(左)(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

『ジョジョの奇妙な冒険』とは

集英社の週刊少年ジャンプで1987年から連載され、シリーズ累計で100巻(スティール・ボール・ラン、ジョジョリオン含む)を超え、累計発行部数は2016年12月時点で1億部を超える。ジョースター一族と吸血鬼や殺人犯などの邪悪な存在が、2世紀以上にわたって繰り広げる闘いを描く。超能力、特殊能力を「波紋」「スタンド」といった形で表し、「能力バトル」「頭脳戦」というジャンルを漫画界に根付かせた作品としても知られている。

<“ジョジョ”シリーズ>
Part1 ファントムブラッド
Part2 戦闘潮流
Part3 スターダストクルセイダーズ
Part4 ダイヤモンドは砕けない
Part5 黄金の風
Part6 ストーンオーシャン
Part7 スティール・ボール・ラン
Part8 ジョジョリオン
本作品は単行本の29〜47巻、Part4(連載時は第四部と表記)の「ダイヤモンドは砕けない」の実写映画の第一弾(第一章)となる。実写化不可能といわれたコミックに三池崇監督が挑み、東宝とワーナー・ブラザースがタッグを組んだ超大作となっている。
主人公の東方仗助(山崎賢人)

主人公の東方仗助(山崎賢人)

劇中の舞台は、「住みたい町ランキング」上位にランクインする架空の街、S市杜王町。美しい街に巻き起こる「スタンド」という特殊能力を持つキャラクターの戦いを描く。主人公の東方仗助(山崎賢人)もスタンド能力者の一人。本作「第一章」では、穏やかな街に潜む極悪殺人犯の通称アンジェロこと片桐安十郎(山田孝之)と杜王町で暗躍する謎の兄弟・虹村形兆(岡田将生)とと虹村億泰(新田真剣佑)の闘いを描いている。
虹村形兆(岡田将生)

虹村形兆(岡田将生)

アンジェロこと片桐安十郎(山田孝之)

アンジェロこと片桐安十郎(山田孝之)

“ジョジョ”シリーズ『Part3 スターダストクルセイダーズ』の主人公であり、『Part4 ダイヤモンドは砕けない』でも重要な役割で登場する空条承太郎を伊勢谷友介が演じる。元は正義の心を持つ不良であり、腕っぷしも強くて度胸もあり、寡黙で多くを語らないがやる時はやる、そんな“男が考えるカッコいい男”のようなキャラクター。時を止める能力のスタンド使いで、原作シリーズでも“最強の男”として描かれる存在だ。承太郎のスタンド・スタープラチナがパンチのラッシュを繰り出す際の「オラオラオラオラオラオラオラオラ!」という描写が有名だ。
タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

ARTICLES関連記事