OLIVER

小林武史「はみ出してみないと分からないこともある」

CULTURE
日本の音楽史に残るヒットを手掛けてきた音楽プロデューサー、小林武史。Mr.Childrenをヒットに導いたことでも知られる音楽プロデューサーであり、非営利団体「ap bank」代表理事など多彩なフィールドで活動をしている。キーボーディストとしても音楽活動をし、櫻井和寿、亀田誠治らビッグアーティストが集結するBank Bandのメンバーでもある。そんな小林武史が総合プロデュースをする新たな形の総合アートフェス『Reborn-Art Festival』が7月22日〜9月10日の51日間、宮城県石巻市で開催される。この、日本最大級のイベントがいかなるものなのか、『Reborn-Art Festival』の話を中心に、プロジェクトのリーダーとしてのこだわりや小林流の人生の楽しみ方について迫った。

音楽・アート・食の総合祭『Reborn-Art Festival』とは?
https://mens.oricon.co.jp/feature/204/5/

いかなる想いで音楽×アート×食の『Reborn-Art Festival』を作ったのか

小林が代表理事を務める非営利団体「ap bank」が主催し、2005年から2012年までの8年間開催した大型野外音楽フェス『ap bank fes』。12〜15年は被災地の復興に集中するために開催はされていなかったが、昨年に本祭のプレイベントとして『Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016』として復活。『ap bank fes』にアートと食の要素が追加されて、『Reborn-Art Festival』に進化したともいえる。なぜコンテンツを拡大し、さらに「51日間」という前例のない大規模なフェスになったのか。その想いを語ってもらった。

「このフェスは震災復興支援の目的がありますので、開催期間は長期にわたるほうがいい。音楽フェスに現代アートをジョイントすることで、開催する期間を長くできる。多彩な趣向の人がいるので東北の地に入る人の数を増やしたかった。復興っていっても東京・都心の力やお金の力など【大きな力】に依存するだけじゃなく、その大きな力も使いながら、うまく中(東北)に“場作り”ができないのかなという思いがありました。

新潟で開催している大規模の芸術祭『大地の芸術祭』のチームの人達も仲良くさせてもらっていて、アートが地域にもたらす効果をすごく感じています。大地の芸術祭は地元にも根付いて、新潟の十日町・津南エリアの人にとって、また新潟県人にとっては誇りとなっている。今回のフェスも、東北の人たちにとって「東北ごと(自分ごと)」として捉えてもらえるようになるといいですね。

音楽フェスの良さは短期集中。しかしながら今回は51日間の長期開催。『ap bank fes』3日間のプログラムもありながら…音楽が持っている即興性みたいなものを生かした形にしていくことを、ミュージシャンとしてまず思い当たりました。

51日間となれば、食も当然必要となってきます。去年のプレイベントの3日間だけでも有名なシェフの方々がものすごく頑張ってくれた。今年は『ap bank fes』の3日間はもちろん、51日間に渡って多くのシェフが参加してくれています。

フェスには行くけれど、現代アートは見に行かない、その逆という人もいると思います。音楽、アート、食、多様な“興味の入口”を作って、その境界を超えていくようなフェスにしたいと思ったんです。今は趣向や専門性が大きくなってきている時代。その良さもあるけれど、Reborn-Art Festivalではもっともっと“予想もしなかった出会い”を大切にしたい。ミュージシャンとしてそう思っています」
タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest