OLIVER

自転車で冒険に出よう。キャンプツーリング紀行 inアラスカ【Part 1.出発編】

PLAY
自転車にテントを積んで、自由気ままに旅をする。日本を飛び出し、ふらりと向かったのは夏のアラスカ。そこには圧倒的な自然と世界各地から集まる旅人たちとの出会いがあった。18日間、移動距離1614kmの日々を綴った記録―

原野の中を一本の細い線となってまっすぐ延びる道を行く
野生動物の存在を身近に感じるヒリヒリとした緊張感の中で、与えられた自由と開放感。
時速20km。夏のアラスカを自転車で旅する。
Route
Profile
和田義弥(わだ・よしひろ)

旅やアウトドアなどのジャンルを中心に記事を執筆するフリーライター。これまで自転車でアラスカやフィリピンを、オートバイで世界一周をキャンプツーリングした経験を持つ。現在は茨城県筑波山麓の古民家で田舎暮らしを実践中。著書に『キャンプの基本がすべてわかる本』(エイ出版社)などがある。
Part 1.出発編


01 段ボール箱で運んだ自転車
「これは君の荷物かね?」

アンカレッジの空港で、機内に預けていた大きな段ボール箱を係員が持ってきた。箱の中には、パーツをばらして小さくたたんだ自転車が入っている。

日本からアラスカまでの自転車の運搬代は1万4000円だった。この料金は航空会社や路線によって異なり、1台いくらと決められていることもあれば、重さや大きさで決まることもある。ダダの場合もある。

空港を出て、駐車場の一角で段ボール箱を開け、30分ほどかけてバラバラになった自転車を組み立てた。
その間、何人かが横を通りすぎていったが、一人の男に声をかけられた。

「その自転車でどこまで行くんだ?」

「北へ。デナリからフェアバンクスへ。その先は、まだ決めていないんだが、約1カ月、アラスカを自由に旅して回ろうと思ってる」

「夏は君みたいなやつがいっぱい来るよ。ここには日本やヨーロッパ、アメリカ本土の都市にはない自然と自由がある。ただし、そのほかには何もないがね。グッドラック!よい旅を」

それだけ言って男は去っていった。

何もないというのがいいじゃないか。氾濫する物事も社会の不自由さもここにはない。

この瞬間から私は自由である。自分の判断と行動がすべてだ。

携帯用の空気入れでタイヤを膨らませ、荷台にキャンプ道具一式を入れたバッグを引っかける。この自転車で夏のアラスカを旅するのだ。


02 クマが出るキャンプ場
旅の準備を整えるために、アンカレッジ郊外のキャンプ場にテントを張った。

キャンプ場は森に囲まれていて、受付の女性が言うにはしばしばブラックベアが出るらしい。

「食料はテントの中に入れちゃダメよ。離れた場所に置いてね」と注意された。これはアラスカやカナダでキャンプをするときの鉄則だ。食料を入れておくための頑丈なロッカーを備えているキャンプ場もある。
アンカレッジは人口約30万人を抱えるアラスカ最大の都市だが、街の中心部からちょっと離れれば、クマやムース(ヘラジカ)などの大型哺乳類が悠々と暮らせるくらい豊かな自然が広がっているのである。
タグ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Pinterest

ARTICLES関連記事